スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の初フル いびがわマラソン ラスト


bana140611.gif
よろしくお願いいたします




岐阜の日曜日、朝からおもいっきり雨予想ですやん。


いびがわマラソン、3年連続雨ですか・・。
このところ雨のレースなかったんだけどなぁ。
あ、かっとびで少し降られたっけ。


いびがわマラソンは、
小さいお子様がたくさん応援してくれるので、
風邪などひかれませぬよう・・・。


雨だと着ぐるみ重くなるからしんどいんだよなぁ・・・。
着ないほうがいいかなぁ・・・。



では初フルレポの最後。



・・・



いびがわマラソンにはいくつも魅力がありますが、
そのうちの一つに、
地元走友会の方が設置してくださっているという
メッセージ看板があります。


「耐えろ トイレまで」とか、
「人のフルみて我がフルなおせ」みたいなダジャレとか、
「自分を信じて」みたいなエール、
「かわいいあの娘についていけ」とか、
100を越えるという看板が数百メートルおきにありました。


辛いときもこれみて少しは気分まぎれますよね。
みてるだけで楽しい気分となります。。






中間地点付近を走っている時は
ホント、楽しくてしかたがなかった。


自分では余力を残して走っているつもりなのに、
タイムは考えていたより速いラップを刻み続けている。
※実際、余力なんてなくなったので、
 このくらいの感覚で走らないと最後までもたないでしょうね。
 それ以降、一度もフルマラソンで走りきれていないわけで。



天気はひどい状態で、
景色は残念だったけど、
ここまでは寒さもそれほどではなくて、
非常に気持ちよく走っていた。



でも、フルマラソンは30キロを中間地点と思え、と
聞いたことがある。
※実際、そんな看板も立ててありました。
そう考えると今はまだまだ序盤で、気を抜くことはできない。


中間地点をすぎて、
予定通りポケットからパワーバーのジェルを補給。
しばらく手ににぎりしめながら、
数分かけてちびちび補給した。



全部食べきったあたりで、
100m先に給水所の看板が。



予定では筋力をリカバリーするため、
NIを補給しようと思っていたけど、
まだ脚に疲労を感じていなかったので、ちょっとどうするか迷った。
初めて使った丹後100キロのとき、
ただでさえなかなか封をきれなくて、
むせてうまく補給できなかったので、
タイムロスが惜しくて、補給するのやめようかと思った。



それくらい絶好調だった。



でも初フルマラソン。
この先なにがあるかわからない。
というわけで、補給することにするが、
やっぱり手袋をしたままでは
うまくNIの封を切ることができない。


手袋を片方はずそうとするものの、
びしょ濡れの手袋はなかなか手から離れてくれず、
手袋をはずしてもかじかんだ手ではうまく封が切れない。
カメラ持ったままだし、なおさら難しい。


結局ワイルドに(?)口でこじあけて口にいれた。
今回はむせることはなく
エイドで水をもらって、うまく喉の奥に流し込めた。


このあたりから、
歩いている人をちらほらみるようになった。
寒さにやられて体が動かなくなってきた人もいるようで、
スタッフの方にいただいたのか、
エマージェンシーシートにくるまって座り込んでいる人を
ちらほらみかけるようになっていた。


14110701.jpg

※25キロ地点くらいで前を走っていた人が
 立ち止まって写真を撮りだしたので
 つられて撮った写真。



そして25キロすぎ、
私もついに寒さを感じるようになった。


疲れはまだそれほど感じてはいなかった。
しかしながら、コースはくだり基調で、
それまでの感覚なら
タイムはあがっていきそうなものだったが、
あがっていかなくなっていた。


脚にも冷えを感じだしていて、
筋肉がこわばってきたような感覚があった。


そんなところで第11エイド、ホッとステーション。


ここではいび茶がいただける。


いびがわにくる前はいび茶、みそスープ、スイーツエイドの
3つのスペシャルエイドは全ていただくつもりでいた。
そこを楽しんで走ってこそのフルマラソンだと思っていた。


だけどいび茶については
選べる参加賞(Tシャツ、ネックウォーマー、揖斐特産品)の中で
揖斐特産品を選んでいた私はいび茶のTパックをもらっていたし、
宿泊先の健康広場でもいび茶のペットボトルをいただいた。
トイレの問題もあって、このいび茶エイドについては
スタートする段階になってスルーするつもりでいた。


でもどしゃ降りの雨の中、
笑顔でお茶を差し出されて
とてもスルーする気になれず、
お礼をいっていただく。


ホッとステーションとはよく言ったもので、
走りながら飲みやすい温度、
熱くもなく、かといってぬるくもない、
冷えた身体にとても優しい暖かさだった。


いび茶、いただくことができてとてもよかったです。
ありがとうございました。



とはいえ、やはり身体は冷えて、
くだりなのにタイムは思うように伸びて行かず、
ちょっと先行きが不安になっていった。



・・・



最近、走りながらイヤホンで音楽を聴くことは
ほとんどなくなってしまったんですが、
長い距離を走っていると、
脳内で音楽を流しているときがあります。



いびがわでは応援が熱いので
脳内ミュージックをかける必要もないといいますか、
頭の中で音楽が流れることはなかったのですが、
ここにきて寒さ、疲れから身体が動かなくなってきた。
だからここで音楽の力を借りて・・・


と思って頭に浮かんだのがこの曲でした。


いや、曲と言っていいのでしょうか?


これ、ネット上で見つけたの何年前?
10年くらい前じゃないでしょうか。



非常にお下品な曲です。
良い子はみないでね。
※FLASHなので環境によっては観れないかもしれません。
  ↓
クリック(音出ます)



最近は思い出しもしなかったのに、
初フルのここでこれが頭に浮かんでくるか。
自分でもびっくりした。



別にムラムラしてたわけじゃない。
ホントに欲情していたわけではなく、
ただ純粋に音楽として頭に流れていた。



しかし、今、なんでこれ!?



でも、わかってもらえると思うのですが、
一回頭に浮かんじゃうと、
他の曲、でてこないことがあるんです。



で、冒頭にだしたメッセージ看板のお話に戻るんですが、
30キロをすぎたころだったでしょうか。


「負けないで ほらそこにゴールは近づいてる
 続きは自分で歌ってね」


という看板を見つけるまで、
ずっと「もみてぇ もみてぇ」と頭の中でかき鳴らしながら
走っていたキモいおっさんは私です。



看板を見つけて以降は、
身体もつらくなっていたせいか
素直に「負けないで」が頭に流れるようになり、
なんといいますか、


俺、フルマラソン、がんばってる


っていう気分で走ることができました。



30キロを過ぎて、
ZARDさんの「負けないで」に心をうたれながら
徐々に疲労を感じてきました。


とはいえ、気持ちの上では
まだまだ余力を残しているつもりでした。


こちら、いびがわマラソンの高低図です。

14110703.jpg



もちろん実際に走ってみると
もっと細かいアップダウンがあるのですが、
概ねこのような形となっています。



スタート前、ゆとりを持って入って、
終盤に余力を残す作戦を考えていました。


そして、ポイントと考えていたのは33キロの登り坂。
ここを乗り越えれば、
基本的には下りか、フラットな部分しか残っていません。


そのため、33キロまでをできるだけ抑えて走り、
ここからの9キロをめいいっぱいあげて、
サブ4を勝ち取る考えでいました。


ところがここまでのレポでも書いている通り、
抑えて走っているつもりでも、
意外とよいタイムでここまできています。


30キロの通過タイムは2時間45分をすぎたくらいでした。


ここまで登り基調から、細かいアップダウンを走ってきて、
あとは33キロの坂を越えさえすれば、残りは下り。
脚の疲労感は徐々に高まっていましたし、
雨からくる冷えで全身が硬くなっていくようにも感じていた。


しかしながら、ここでサブ4を確信。


30キロを過ぎ、もう一つ持っていたパワーバー、
そしてMUSASHI NIを摂取。
これであとは前をむいて走るだけ。


33キロまでの最後の坂。


皆、苦しいのか、ペースが落ちている。
逆に私はここまで余力を残して走っていること、
また、ここをがんばったらとの思いからか、
意外と軽快に登っていくことができた。
余力を残しているし、
今まで抜かれた分、ラスト9キロ、
ガンガン抜き返せるんじゃないか、なんて考えてました。
今回、登り坂に関しては全く苦しんだ記憶がありません。


そしてこの最後の坂を
登り切るくらいのところだったでしょうか。
はっきりと文面は覚えていませんが、


「この坂を登り切れば残りは下り。
 ヴィクトリーロードが待っている」的な看板を発見。


私もそんな気持ちでした。
残りは下り。最後の力をふりしぼって下れば、
サブ4どころか、3時間45分切りに迫れるんじゃないか?
そんな気持ちで坂を登っていました。



坂を登り切り、一気に景色が開ける。
揖斐峡大橋だ。


去年もここで写真を撮ったな、と思いだし、
去年は立ち止まって写真を撮りましたが、
今回は走りながら。

14110704.jpg


去年はいい天気だったなぁ・・・。

14110304.jpg

※比較画像。一年前に撮った写真。


橋を越え、おっかさんステーションに到着。
もちろん今年もみそスープを全部飲み干す。
あったかくておいしい!

そういえば去年は飲む前からお腹痛くて、
全部飲んだけど
ますますお腹痛くなるなんてことがあったなぁ、
なんてことを思い出す。


また、昨年はこのあたりで高橋尚子さんとハイタッチができたが、
ここまではお会いできていない。
フルだから、今年はゴール前で会えるのかな?なんて考えていた。


さぁ!ここからは下りのヴィクトリーロード!



が、



あれ?



先述していますとおり、ここまでも下りで思うように
スピードがあげられないという状況にはなっていました。
しかし、それはこの最後のヴィクトリーロードのための
余力を残した上での話。


その余力をはきだして、
必死のパッチで走っているにもかかわらず、
ここにきてまったくスピードがあげられない。



これが35キロの壁か。



バンバン抜いていけると思っていた
ここからの約7キロ、
逆にバンバン抜かれていく一方でした。
なんだかこのレース、
最初から最後まで抜かれ続けてるイメージなんですけど・・・。



ワインディングを抜け、
住宅街に帰ってきた。
往路でも応援していただいたバンドに手を振り、
お祭りの雰囲気が帰ってきた。
こんな激しい雨なのに。

いや、山の中ですらところどころお祭り騒ぎでした。
こんな雨なのに。
やっぱりいびがわは最高だ!
ここを初フルにしてよかった!


何度もありがとうございますと声を出し
必死で走るものの、どんどん周りに抜かれてく。
身体が重い。
余力を残しているつもりでいましたが、
余力なんて残っちゃいなかった。
初フルの私は、それに気づくことができなかった。



丹後の前にkantokuサンに教えてもらった呪文を唱え続ける。


「NIを飲んだから大丈夫!」


でもあんまり大丈夫じゃない。


先ほど書いた通り、
最後の登り坂で軽快に走れたんですが、
余力が残っていたのでもなんでもなく、
それこそがNIの魔法の効果だったらしい。
言われてみれば、飲んでから数キロ後に
効果を感じると教えてもらっていた。
丹後では歩いていたので効果がよくわからなかったが、
坂を登っているときがそのタイミングで、
そしてすでに効果はもう切れていたんじゃないのか。


残り約4キロのところに、
往路でも和ませていただいたフリーザ様が!


姿を見ただけで気持ちがフッと緩み、
身体が楽になった気がするが、
それも一瞬。やはり身体が重い。


そこからはフラットな川沿いの道。
カッパを着たちびっこたちの行列が。
みんな笑顔で手を差し伸べてくれている。


ハイタッチをしてもらい、
何度もありがとうを叫びながら走る、走る。


気持ちは高揚してるけど、
身体がついてきてくれない。


今まで、タイムといえば、
ネットタイムのことしか考えたことありませんでした。
しかし、ここまできたらグロスでのサブ4を
達成したいと思うようになっていた。
スタートロスがいくらなのかよくわかってなかったけど、
確信したはずのサブ4が危ういことはわかっていた。



やばい・・・やばい・・・。



そんなところで
いびがわマラソン25周年ありがとう企画
39.1キロ地点、最後のエイド、スイーツエイド。


揖斐川近辺の協賛企業の皆さんが
揃えていただいた30,000点ものスイーツが
ランナーのために並べられている。


前日のランスマでも中村優さんが
すごく楽しみだとおっしゃっていた。



おっかさんエイドを走っているころは
サブ4にはゆとりがあるから、
数種類食べてスイーツを堪能しようと思ってました。



今はそれどころじゃ・・・
といいたい気分もありましたが、



これをスルーして、初フルを、
いびがわマラソンを堪能したと言えるのか!



でも、数種類なんて言ってる余裕もない。



堪能したと言えはしないかもしれない。
でも、一つはいただいた上で完走したいんだ!



と真っ先に目に入った、
お菓子を「いただきます!」と叫んで一ついただく。



必死のパッチで何をいただいたのかよくわからなかった。
シュー生地にチョコかクリームか餡子が包まれていたような
お菓子だったと思います。甘かったのは覚えています。



だけど、ゴールまでの、
最後のエネルギーとなるはずのスイーツは、
僕の胃袋ではなく、僕の気管に入っていった・・・。





グフゥッ






今回の教訓:
必死のパッチで走ってるとき、
物食べちゃいけない。



あと、あれだ。



レポを書くにあたって、
パンフレット読み返しているんですけどね。


そこにはこう書かれています。




【スイーツエイドご協賛企業】
敦賀昆布館:こんぶゼリー
みわ屋:蓬莱餅
だるま堂:どらやき
揖斐峡レディース:じゃがドーナツ
いげたや:肉柱餅
"大垣市製菓組合青年部"
鈴木栄光堂:塩あめ、ゼリー
丸一製菓:よもぎまんじゅう
槌谷:おお垣
田中屋せんべい総本家:ちょぼせん
金蝶園総本家:喜多野
金蝶堂総本店:黒助
※シュークリームもあるよ





僕食べたの、※印のシュークリームだ。
せっかくだから郷土チックなお菓子が食べたかった。



いや、いいんですけどね。



いや、まぁ・・・いいんスけどね。



・・・



ブブゥッ・・・グフッ・・・ブグゥ・・・



気管に入りこんだシュークリームはやっかいきわまりなかった。



スイーツエイドを抜けると
すぐにまたちびっこハイタッチ軍団。



ちびっこたちの前で無様な姿はみせられない。



平静を装い、ハイタッチしながら



ありがとう~



と、言えるわけもなく、シュークリームが邪魔をする。
ありが・・・グフッ・・とぉ。。。



しばらくグフグフ言いながら走って
ようやく落ち着くあと2キロ。



これがまた長い。



沿道からかかる声



「がんばったらギリギリサブ4いけるよ~」



そうギリギリ。



おっかさんステーションでみそスープすすってるときには
こんなギリギリな時間になるなんて思ってもみなかった。



こう見えてがんばってるんですよ。



がんばってるけど、一部のつぶれて歩いてるランナーを除いて、
走ってる全ランナーに抜かれてく感覚。
がんばってるけど、これはサブ4に間に合うペースなんだろうか。



よくわからないけど必死に走るしかない。
ほんとに長い2キロだった。



応援がなかったら延々と続く
地獄の数キロになっていたと思う。
やはり私にとってサブ4は簡単な目標じゃなかった。



でも最後の橋がみえた。
一年前、ハーフを走ったときには
勝手にライバル視していた
ピンクランドレをかわして、ラストスパートした橋。



今年はラストスパートの余力なんてなかった。
橋からの急な下り坂を駆け下り、
でもオールスポーツのカメラには
ちゃっかりポーズをとって、最後のコーナーをまわり、
両手を突き上げてゴールに飛び込んだ。


ゴールに飛び込んだ時、
目に入っていたのはハーフの部の電光掲示板。
3時間19分台が表示されていた。


ハーフのスタートはフルの40分後なので、
今考えるとこれでフルのタイムもわかるんですけど、
このときはそんな計算はできなかった。
で、ちょっと歩いたところで見上げたら
フルのタイムが表示されていた。


3時間59分台が表示されていた。


目標としていた歩かず完走、
そしてサブ4を達成した。



涙はでなかった。



僕は、走り始めて、
走ることに関して、まだ涙を流したことがない。
※2012年当時
応援などで感激する場面はあるけれど、
そこまでこみあげたことはない。



初フルで少し期待していたけれど、
たぶん涙はでないだろうと思っていて、
そしてやはりそのとおりになった。


他の人のブログで
他の大会では涙はでないけれど、
丹後100キロマラソンだけは別だと
書かれているブログをみかけたことがある。



今年の春以来、
僕の大きな目標はフルマラソンサブ4よりも
丹後100キロマラソンを完走することと考えている。



来年、もし完走することができたら
涙を流すことになるのだろうか。



※結局その翌年、丹後を完走しても、涙を流すことはなく、
 初めて走りながら涙をながすことになったのは、
 なぜか初仮装した2013年の篠山・・・。




ゴールして、少し歩いて行くと
女の子がバスタオルをかけてくれた。
雨で冷えた身体にとても暖かかった。


その後シューズにとりつけたチップを返却。
屈むのがつらくて、片足は自分ではずしたけど、
もう片足は男の子にはずしてもらった。


アミノサプリ、バナナをいただいた。
バナナを食べているとき、
風邪をひかないでくださいと笑いかけてくれた
地元の女の子の笑顔が忘れられないでいる。


先に進み、速報タイムをいただく。
無事ギリギリサブ4。
ネットタイムは後日送られてくる完走証に
書かれているはずだけど、
スタートロスはどのくらいかな?
※この年までいびがわマラソンは
 ネットタイムの計測はなかったので、
 結局ネットタイムは分からずじまい。
 2013年度からネットタイムの計測もしていただくようになりました。


充実感に包まれていたけれど、
それにゆっくりひたっていられる状況じゃなかった。



寒すぎる。



暖かかったバスタオルも雨に打たれてびしょ濡れ。
ゴール地点から、荷物を預けているスタート地点まで、
微妙に距離があって、ガタガタふるえながら歩いて行った。


荷物を受け取って、更衣室へ。
テントで作られた更衣室は
雨でぐちゃぐちゃになっていた。
中央は水たまりになってるし・・・。


とにかく早く濡れた衣服を脱いで、
からだを拭いて着替えなければ!
ところが、みなさんお忘れだとは思いますが、
最初のレポで書いたとおり、
走った後のズボンを持ってくるのを忘れていた。


それはまぁ、ウォーマーの上下もってきたはずだからいいや
って思っていたんですけど、
どうもそのズボンも車の中に置いてきたみたいだ。
それどころか、パンツすら車の中においてきた。


ぐしょぬれのパンツをそのままはき続けるわけにもいかず、
ノーパンで、かろうじて鞄の中に入っていた寝巻に着替えた。
おっさんはもう、服装なんかどうでもいいのだ。


これでようやく人心地つくことができた。
着替えて暖かくなっただけなんですが、
充実感が身体を包んでくれてるような気がした。


ここにきて、
高橋尚子さんに会えなかったことに気付く。
でも、充実感に包まれて、
ま、いいかって思えた。
前の週に淀川でハイタッチさせていただいていたし。


たーはるパパさんはどうしているだろう。
もうゴールして着替えているんだろうか。


そう思いながら、
今までしたことがなかった、
速報記事をブログにUPしてみようと思い、
スマホをいじりだしたところで、
パパさんから電話がかかってきた。
もうゴールして着替え終わったとのこと。


ささっとブログを更新してパパさんと再会。


残念ながらパパさんは惜しくも目標のサブ4ならず。
僕のサブ4をすごく褒めてくれた。
ローラさんはどうだったんでしょうね、
なんて会話をしつつ、
一緒にごはんの約束をしていたので、
一旦お別れし、それぞれの車で、
IC近くの某中華料理屋さんへ移動。



いびがわの感想、反省、今後の予定、ブログ村のことなど
いろいろ話した。
パパさんとお会いするのは3回目でしたが、
先の2回はレース前にご挨拶するだけでしたので
実際これまでほとんど会話したことがなかった。


今回、初めてゆっくり話をすることができたのですが、
やはり先の2回のあいさつで感じたとおり、
穏やかな紳士だった。
ブログ上で頻繁にでてくる (゚Д゚)ゴルァ!! は
いったい何なんだろう。


ちなみに私が食べたのはチャーハン、ラーメン、餃子1人前。
パパさんが食べたのは、天津飯、ラーメン、ノンアルコールビール、
そして、縮れッ毛入り餃子一人前・・・。



ネタ的には「んん??」って言いながら、
口から縮れッ毛をだしてくれたら最高だったのですが、
残念ながら、パパさんは口に入れる前に
縮れッ毛の存在に気づき、



(゚Д゚)ゴルァ!!



というわけではなく、
縮れッ毛の存在に気付いたパパさんは、
おもむろに毛を抜き取って、餃子の上にのせて、
縮れてなかったら、まぁいいんだけど、さすがに・・・
という感じで、呼び鈴を押して、
新しいものに替えてもらっていた。


たぶん、パパさん、
髪の毛だったらそれだけよけて
そのまま黙って食べてたと思う。


最後まで穏やかな紳士だった。



パパさんは今年に引き続き、
来年も京都マラソンに当選されているので、
再会を約束し握手してお別れした。
※そしてパパさんは京都でみごとサブ4。



そして二人して渋滞に巻き込まれながら、
帰宅いたしましたとさ。
めでたし。めでたし。


こんな感じで
私の初フルマラソンが終わりました。

手元の時計です。
なんか、経過時間、
分以降しか表示されてませんが・・・

14110702.jpg



こうみると、ラストの落ち込み、
思っていたほどじゃなかったんですよね。
走っているときはもっとひどい状態だと感じてました。
数字だけみてると僕の感覚では撃沈とは呼べないレベル。
終盤が下りのコースに助けられましたね。


結果的には目標としていたサブ4達成でき、
これ以上ないレース運びになったと思います。
たまたまですけど。


天候は悪かったけど、
それも思い出になる、
満足感いっぱいの初フルとなりました。


いびがわマラソンの運営に携わってくださった皆さん、
雨の中熱い応援をしてくださった皆さん、
一緒にがんばったランナーさん、
メールやブログでコメントいただいた皆さん、
ありがとうございました。


とても素敵な時間を過ごさせていただきました。



長くなりましたが、
初フル、いびがわマラソンレポ、終了です。






明日、その楽しいいびがわをまた走ります。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

コメントの投稿

非公開コメント

2年前のことをこんなに細かく覚えている
井出さんの記憶力に脱帽です。
ワタクシなんぞ先週の記憶もすでに危うい…(汗
いびがわ、頑張ってくださいねv-218

明日はまた楽しい記憶を重ねられるよう頑張ってくださいね!
歩くのは篠山にとっておいてくださいね☆

細かな描写にビックリ!
同じ場所での写真があるし
今年はどんなドラマが生まれるの
でしょうか?
頑張って下さい❗️

初フルの時のことって井出さんほど詳細には覚えてないなぁ‥
今年もまた雨予報ですが、楽しく走ってきてください!

>カブトムシさん
あぁっ、すみません。
今初めて書いたお話ではないのです。
初フル時にもっといくつもに分けていたお話を
3回にまとめ直して、ちょっと手を加えたものになっています。
春からブログを新しくしたのですが、
過去のレースの記録はこちらのブログにも
全部残しておきたいと思っていて、
その移植が終わっていないのです・・・

>ストラトさん
ありがとうございます。
楽しい記憶と歩かないで完走、やってこれました。
足に関しては大阪以上に使い切ってきました。
明日の筋肉痛が心配です。

>山ちゃん
ありがとうございます。
今もそうしたいと思っていながらなかなかできないのですが、
走り初めのころは、どんなことも記録して、
初心者の方に、マラソン大会ってこんなものなんだ
っていうのを伝えたいと思っていました。
慣れてきちゃうと、なかなかそこまで細かくかけなくなってしまいました。

>じぇーてぃーさん
カブトムシさんのレスでも書いたのですが、
さすがに僕も覚えてはいなくって・・・(笑)
雨、着ぐるみには重くなるのできついです・・・。
来年こそは晴れてほしい・・。
プロフィール

Author:井出浩一
アレ以外もいろいろ脆い
観葉植物的な存在感の
残念なアラフォー。
趣味はジョギング、山歩き。

ブログ村
ブログ村の以下のカテゴリに
参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
走った距離記録
■2011年:1,223キロ
5月:30キロ 6月:100キロ
7月:140キロ 8月:207キロ
9月:200キロ 10月:168キロ
11月:215キロ 12月:163キロ

■2012年:1,894キロ
1月:194キロ 2月:235キロ
3月:129キロ 4月:237キロ
5月: 90キロ 6月:170キロ
7月:113キロ 8月:161キロ
9月:125キロ 10月:200キロ
11月:133キロ 12月:107キロ

■2013年:1,833キロ
1月: 63キロ 2月: 77キロ
3月:151キロ 4月: 74キロ
5月:180キロ 6月:173キロ
7月:171キロ 8月:312キロ
9月:143キロ 10月:116キロ
11月:200キロ 12月:173キロ

■2014年:1,441キロ
1月:106キロ 2月:110キロ
3月:150キロ 4月: 41キロ
5月: 86キロ 6月:117キロ
7月: 87キロ 8月:143キロ
9月:126キロ 10月:130キロ
11月:200キロ 12月:145キロ

■2015年:1,560キロ
1月:204キロ 2月:206キロ
3月:200キロ 4月:108キロ
5月:120キロ 6月: 20キロ
7月:137キロ 8月:161キロ
9月:174キロ 10月:108キロ
11月:122キロ 12月:キロ
リンク
アクセスカウンター


参加ラン大会結果
【2011年】
○あざいお市マラソン
2011/10/09 10km
記録:48分台
メモ:初めてのランニング大会
レポ:その1その2

○大阪淀川市民マラソン
2011/11/06 ハーフ
記録:1時間48分台
メモ:初めてのハーフマラソン
レポ:その1その2

○いびがわマラソン
2011/11/13 ハーフ
記録:1時間55分台(グロス)
メモ:2週間続けてのハーフマラソン
レポ:その1


【2012年】
○いかるがの里法隆寺マラソン
2012/02/11 ハーフ
記録:1時間42分台(ネット)
メモ:ハーフベスト

○京滋トレイルラン
2012/03/18 約20km
記録:4時間15分くらい(グロス)
メモ:初のトレラン大会

○剣豪と忍者の里マラニック
2012/04/29 約53km
記録:7時間30分くらい
メモ:初の井上ワールド

○敵は本能寺にありマラニック
2012/06/03 40km弱
記録:5時間30分くらい
メモ:2度目の井上ワールド

○かっとび伊吹
2012/08/26 10km
記録:2時間11分くらい
メモ:足攣りまくって悶絶
レポ:その1

○丹後100kmウルトラマラソン
2012/09/16 100km
記録:第2関門(約56km)でタイムオーバー
メモ:完敗
レポ:その1その2その3

○あざいお市マラソン
2012/10/07 10km
記録:49分台
メモ:1年前より遅い

○大阪淀川市民マラソン
2012/11/04 10km
記録:50分台
メモ:友人と参加。後半は全力で。

○いびがわマラソン
2012/11/11 フル
記録:3時間59分台(グロス)
メモ:初フル
レポ:その1その2その3

○神戸マラソン
2012/11/25 フル
記録:3時間59分台
メモ:脚攣って終盤歩きまくり

○東山三十六峰マウンテンマラソン
2012/12/09 30km
記録:3時間41分台
メモ:初めてトレイルで足攣らなかった


【2013年】
○いかるがの里法隆寺マラソン
2013/02/11 ハーフ
記録:DNS
メモ:故障、インフルエンザ明けの為

○篠山ABCマラソン
2013/03/03 フル
記録:5時間2分台
メモ:初めての仮装ラン

○武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン
2013/05/03 70km
記録:8時間22分台
メモ:最後は吐きそうだった

○伊賀忍者武術大会マラニック
2013/06/30 約43km
記録:ショートカットしてなんとかゴールまで
メモ:胸の痛みに突然の下痢に…

○かっとび伊吹
2013/08/26 10km
記録:暴風雨にて中止
メモ:でもみんなで集まって楽しく過ごせた

○丹後100kmウルトラマラソン
2013/09/15 100km
記録:13時間23分台
メモ:暴風雨の中たーはるパパさんと完走

○くすのき駅伝
2013/09/30 3km
記録:15分くらい
メモ:最初の1kmで飛ばし過ぎて撃沈

○あざいお市マラソン
2013/10/13 10km
記録:48分台
メモ:かろうじて10km自己ベスト更新

○いびがわマラソン
2013/11/10 フル
記録:5時間15分台
メモ:雨の中仮装して自己ワースト。でもとても楽しかった。

○奈良マラソン
2013/12/08 フル
記録:4時間38分台
メモ:初めてワラーチでの大会参加。ちょっとトラブルあったけど無事完走


【2014年】
○信太山クロスカントリー
2014/01/12 10km
記録:52分台
メモ:思いのほかきつかった

○京都マラソン
2014/02/16 フル
記録:4時間31分台
メモ:無謀なツッコミで撃沈
レポ:その1その2

○篠山ABCマラソン
2014/03/2 フル
記録:4時間37分台
メモ:下痢明けでなんとか無事完走
レポ:その1その2その3その4

○ユリカモメウルトラ70kmマラソン
2014/05/03 70km
記録:43km地点でリタイア
メモ:胸が締め付けられるような症状
レポ:その1その2

○SUMMER NIGHT RUN NAGOYA
2014/08/02~03 12時間リレー
記録:24km走った
メモ:初めてのリレーマラソン
レポ:その1その2その3

○かっとび伊吹
2014/08/31 10km
記録:2時間16分くらい
メモ:2年前よりだいぶ衰えを感じた
レポ:その1

○丹後100kmウルトラマラソン
2014/09/14 100km
記録:84.5km地点でリタイア
メモ:悔しいけど収穫あり
レポ:その1その2その3その4その5その6その7ラスト

○あざいお市マラソン
2014/10/12 10km
記録:47分台
メモ:お面つけてたのに10km自己ベスト
レポ:その1その2

○大阪マラソン
2014/10/26 フル
記録:5時間2分台
メモ:着ぐるみを着て丹後より暑かった
レポ:その1その2その3その4

○いびがわマラソン
2014/11/09 フル
記録:4時間44分台
メモ:初フル以来久しぶりに歩かず完走
レポ:その1その2その3

○奈良マラソン
2014/12/14 フル
記録:4時間14分台
メモ:カンガルーベスト
レポ:その1その2その3


【2015年】
○みのかも日本昭和村
2015/01/11 ハーフ
記録:1時間48分台
メモ:初めての表彰台
レポ:その1その2その3

○木津川マラソン
2015/02/01 フル
記録:3時間55分台(グロス)
メモ:自己ベストだけどネットタイム不明
レポ:その1その2その3その4

○篠山ABCマラソン
2015/03/01 フル
記録:3時間42分台
メモ:お面つけたまま自己ベスト
レポ:その1その2その3

○大阪城リレーマラソン
2015/03/21 リレマラ
記録:4周させてもらいました
メモ:下駄で走ってみたり

○剣豪と忍者の里マラニック
2015/04/26 約47km
記録:6時間50分くらいで完走
メモ:前回参加時からコースが変わってた
レポ:その1その2その3

○伊賀忍者武術大会練習会
2015/07/05 約30km
記録:5時間くらいで完走
メモ:吹き矢吹いたり手裏剣投げたり

○かっとび伊吹
2015/08/30 約10km
記録:2時間8分くらいで完走
メモ:足攣って、レース後、下痢
レポ:その1その2その3

○丹後100kmウルトラマラソン
2015/09/20 100km
記録:13時間38分台
メモ:昨年のリベンジ達成
レポ:その1その2その3その4その5その6その7ラスト

○あざいお市マラソン
2015/10/11 10km
記録:1時間8分台
メモ:一本歯下駄で完走。超楽しかった
レポ:その1その2

○鈴鹿山麓かもしかハーフ
2015/10/18 ハーフ
記録:1時間58分台
メモ:中盤で力使い果たした
レポ:その1

○いびがわマラソン
2015/11/08 フル
記録:4時間14分台
メモ:サブ4狙いで終盤撃沈
レポ:その1その2その3ラスト


記録は基本的ネットタイムです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。