スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル発生前 ~2012 灼熱の丹後を振り返る その2~


bana140611.gif
よろしくお願いいたします



あぁ、もう丹後まで1週間ほどですか。

ろくに準備もしていないのに、
早くスタート地点に立ちたい気持ちです。
もうなるようにしかならない。

では、前回、
2012年の丹後100kmウルトラマラソンの続きです。


----


最初から最後尾付近に並んでいたことに加え、
ハイタッチ待ちでもたもたしたため、
ほんとに最後尾くらいからのスタートとなった。



ザッザッザッザッザッザッ・・・



暗闇の中、集団が進む。


戦国時代、暗闇の中行軍するのがこんな感じではなかったろうか、
と書いていたレポをみかけたことがあったが、
本当にこんな感じだったろうか、などと考えながら走った。



スタートして最初の10キロをかけ、
最大標高150m程度の七竜峠を登って下ります。


最初の2キロほどは平坦、または緩やかな登りといった具合でしたが、
キロ7分以上かかっていた。
もともとかっとばすつもりはありませんでしたが、
それでも最初はいい感じでスピード乗っちゃうじゃないかと
思っていましたが、そうはならず。
そのまま七竜峠の登りは無理せずキロ7~8分で進む。



まぁ、それでも七竜峠の往路は、
ずっと走ってましたね。
その翌年(2013年)は、この時点で歩いてたけど。
今年も序盤から歩くつもりです。
その翌年、たーはるパパさんに教えてもらった
完走するための戦術。



3,4キロくらい進んだころだったでしょうか、
後ろから、かなりでっかい声で


「・・・・・に゛ゃー」

「・・・・・・に゛ゃー」


と聞こえてきた。
と思ったら、怖い顔でに゛ゃー、に゛ゃー言いながら
あっという間に道の端っこを駆け抜けて行ってしまった。


猫ひろしさん。


多少盛り上がったけど、
もっとランナーと絡んでくれたらうれしいなぁ、
なんてちょっと思いました。


そして、このあたりから、
立ちションをしている人を多数みかけることになる。
ほんとに集団で何人もいた。


猫ひろしさんも
「立ちションするに゛ゃー」と
叫んでいらしたと記憶しています。


山の中だし、そんなに気にする人もいないかもしれませんが、
やはりあまり気分のいいものではなかった。


で、私もしたくなってしまう・・・。

あ、立ちションがしたいんじゃなくて、
ただ、おしっこがしたくなったってことね。

あぁ、やっぱりスタート前に
嫁さんに訊かれたときに行っておけばよかった
と後悔したが、とりあえず我慢して進む。
途中、エイドだったか、みかけたトイレは
えらく行列ができていたし。


でも、七竜峠を登り切った2つめのエイドで
お腹が張ったまま走るのが気持ち悪くてトイレへ。


並んでいたのは8人くらいだったでしょうか。
2,3分で入れるかな?と思っていましたが、
列がぜんぜん進まない。
女性も一人並んでいましたが、
トイレから出てくる人は女性でもなかったのに、
えらく待たされた気がします。
なかなか進まないので列を離れる人もいました。


結局8分くらい待ったんじゃないでしょうか。


それになんか、食べ物にも行列が・・・。
序盤から徐々に食べておいたほうがいいかなぁ、
と並んでバナナを食べた。
スタート時に飲まなかった、
脚攣り予防薬、芍薬甘草湯もここで摂取。


・・・・


後で考えると、正直、完走が危ういのに、
この段階で、まったりしている余裕はない。
なので、翌年(2013年)の大会では、
このあたりでエイドに寄る必要がないよう、
ボトルポーチを携帯して、
水分は序盤でエイドに頼らなくてもいいようにしたし、
食べ物も、無理して並ぶようなことはしなかった。



再び走り出す。
最初の1時間で7キロほどしか進んでおらず、
少し気持ちが焦っていた。
でも状態自体はトイレをすませておなかもスッキリ、
道も下りで気持ちよく走れた。
トイレでやたら時間を使ってしまったからか、
周りに人も少なくなって、走りやすくもなっていた。


下り切ったあとはしばらく平坦で、
ばらつきはありますが、
キロ6分台のペースで進みます。
といいますか、あまり時計は気にしないように、
身体が無理してないと感じるペースで走るようにしていました。



他の参加者のレポや、
一緒に参加したたーはるパパさんも
スタート時から暑かったとおっしゃるし、
実際、発表された気温は32℃ほどで、
スタッフさんの立ち話で34℃なんて言葉も聞こえていたし、
私の持っている時計(アンビット)の温度計では、
37℃なんて記録してるんですけど、
僕、2012年の丹後、
正直なところは暑かったイメージ、
それほどではなかったりします。


後で触れますが、暑さよりも腹の痛みに意識をもっていかれ、
暑いというイメージはそれほど残らなかった。
まぁ、その腹の痛みの原因をたどれば、
酷暑というところに行きつくんですけど。


それに、終わってから2012年の丹後の話するときは、
灼熱、灼熱、って言ってるんですけどね。


あと、話が逸れますが、
翌年(2013年)、丹後三兄弟なんて名乗って
一緒に完走を目指したあやたさん、たーはるパパさんのお二人について、
雨男説がついてまわっているんですけど、
お二人とも、最初にお会いして、一緒に走った、
2012年丹後(たーはるパパさん)、2012年神戸(あやたさん)、
どちらもむっちゃいい天気だったので、
僕の中ではお二人とも雨男ではなかったりしてます。

僕がブログ読んでて雨男なんだろうなぁ、って感じているのは
やっぱり、ひ○○パさんでしょうか。
ラン関係ないとこでも強烈な雨くらってらっしゃったりするし(笑)

まぁ、どちらにしても今年も雨かな(笑)


・・・・


こちら、日が差しこみ始めた6時前の写真。
七竜峠を下り切ったあたりだったかな。
このとき、暑さで走りにくいという印象は感じていなかった。
14090701.jpg


久美浜湾はとてもきれいでした。
14090702.jpg



それにしても、序盤のエイドはどこも混んでいた。
水だけなら並ばなくてもよかったのかもしれないけれど、
なんか、みんなが最初から並んでいるので、
並んでバナナ、水をいただいた。
必要以上に時間をロスしていました。
参加者の増加に対応できていなかったのだと思います。

それで、2013年はさらに参加者が増えたので
心配していたんですが、
去年は序盤のエイドはいくつかスルーしたし、
そもそも、スタートから雨で、
みんな給水に時間をかけないので、
2012年のときほど混んではいなかったと思います。



そして20キロに到達。
次のエイドで初NIを摂取だー、と
21.2キロの磯部神社まで元気に走る。


が、そのエイド、なんか様子が変だ。
女子高生かな?女の子がプラスチック製のコップを配っている。


それまでは水を入れてから机に置いていてくれたはずだけど?


と思ってよく見ると水が全くおいついておらず、
ランナーがコップをもって、
ホースから直接水を入れてもらっている状態だった。


なんか親鳥(エイドスタッフ)が捕まえてきた餌を
小鳥(ランナー)がピーピー鳴きながら
必死でもらいに行く感じ。


順番に並ぶこともなく、ほんと、一つのホースに
みんなが群がっていた。
強引な人はぐいぐい前にでてもらいに行くから、
気弱な人はなかなか水にありつけなかったんじゃないでしょうか。


私もやっとの思いで入れてもらいましたが、
コップ半分も入れてもらえなかった・・・。


でも、まぁ、とりあえずNIを補給だ!


が、なかなか開けられない・・・。


フンッ


と力強く開けたら、中身が一部飛び出した・・・。


アァッもったいない!


と悔やんでも遅いので、
残りを口の中に放り込む。


が、なんか、口の中に入った感じがしない。
もしかして、開けたときに全部飛び出しちゃった?


なんて思った瞬間、



プホゥッ



NIを鼻から噴射した。



いや、実際に鼻から噴射まではしてないと思うけど、
なんか、鼻に入った感じ。

どうもNIは舌の上には乗らず、
口の奥の鼻とつながるあたりに入っていったらしい。

・・・そして吹いた。

芍薬甘草湯とは違い、なんだか顆粒がやけに細かかった。



コポッ・・・コポッ・・ゲベホッ・・・ガハッ・・・



ひとしきりむせて、水・・・水・・・



しかし、手元にはわずかな水。
大事に飲んで流そうにも足りない。
まだ鼻ものども変だ。
涙がでてくる。



まだまだ集団でピーピー鳴いているランナーたちに交じって
水を貰いにいくが、なかなかもらえない・・・。


やっとのことでもう一杯もらい、
鼻、のどの奥に張り付いたNIを流し込むが、
このわずかな水では、
まだきれいに流すことができなかった。


ランナーたちはまだピーピーとホースに群がっている。
これ以上時間をロスするのは・・・。
しかたなくケホケホいいながらエイドを出発した・・・。



ゆるりんサンにいただいたウルトラにむけてのアドバイスで
慣れないことはするな、と忠告いただいていた。
レースで初めて口にするようなことがないように!と。


ですが、私はNIをレースで初めて使用した。


NIは一包約200円。私にはちょっと高価だった。
また、NIの評判はいいのは知っていたけど、
NIで気分が悪くなったなんて聞いたことがなかった。
逆にレースでいきなり使ったほうが効果すごくなるんじゃね?
なんてことも思って、初めての利用がこのレースだった。



そしてこの憂き目。



ゆるりんさん、すみません。
あなたは正しかった。
ゆるりんさんの忠告をないがしろにしてしまったばっかりに・・・。



そんな感じで、
初めてのNI補給は悲しい結果になってしまった。
残念ながら、脚が楽になったと感じるようなことはなく、
しばらく口、鼻の中で残ったNIが暴れてくれまして、
むしろ呼吸が苦しくなるだけという。



せめてもう少し水を飲めたら。



長丁場、酷暑、そんな条件から、
自販機でドリンクを買っている人を多数見受けました。



今ならそれは当たり前の行為。
翌年(2013年)、
同じくこの丹後で、
約70kmを一緒に走ることになったたーはるパパさんなんて、
自販機見つけるたびにオレンジジュースだ、コーヒー飲みたい、とか
ガブガブ飲んでいらした。



でも僕は買わなかった。
なにぶん初めてのウルトラで、
大会の経験が浅く、エイドもあるのに、
レース中に自販機でドリンクを購入するということが
おかしな行為だと思っていました。



今では、フルマラソン大会中に
コンビニに寄ってセロハンテープを購入するとか、
訳のわからない経験まで積んでしまってますが・・・。



ボトルポーチを持っていなかったので、
飲みきれなかったら持って走ることになる。
今なら、迷わず手で持って走ることを選択するんですが、
当時はなぜかその選択肢はなかった。



そして、水分はエイドで補えると思い、
重くなる荷物は極力持たずに走ろうと思い、
スパイベルトにスマホなどを入れるだけで走っていました。



これは完全な選択ミスでした。



評判のよい大会だったので、
エイドで水分が回らなくなるということを
想定していなかった。
何かあるかわかりませんね。
保険をかけておくべきでした。

いや、それよりも、
エイドに頼るのではなく、
もっとこまめに水分補給できるよう、
ボトルを携帯すべきでした。
あの暑さでしたから・・・



そのようなわけで、
このあたり、しばらく水分が足りていなかったと思います。
かといって、NIのせいでしばらく息苦しかったことを除けば
それほど苦しかった印象は残ってないですけどね。


・・・・


25キロの川内公民館エイドに到着。
ここでも水不足だったらどうしようかと心配していましたが、
こちらは十分に準備されていました。
水、VAAMウォーター、そしてポリバケツには
かぶり水用の水が大量にひしゃくとともに置かれていた。



僕は水分不足を補おうと、
のどが潤ってから、さらにもう一杯水をいただき、
走り始めて、初めて頭から水をかぶった。



チョー気持ちいい!



ここからはエイドごとに水をかぶるのを楽しみにしよう!
と思ったのを覚えています。



このあたりまではまだまだ順調だった。
ペースはキロ6分半~7分半のあたり。
脚の疲労を少し感じ始めてはいたけれど、
走ることに影響はなかった。



30キロの臨界学校跡地エイド到着。



その手前が第一関門だったのかな。
はっきり覚えていないですが。
8:40までに通り抜けないといけないところ、
おおよそ30分のゆとりをもって通過した。
トイレやエイドで想定以上に時間を使ってしまっていて、
考えていたより遅い通過となってしまった。


ここでも頭から水をかぶらせてもらう。
ほんとに気持ちいい。


ついでにトイレを借りた。
それなりの量の水分を排出して、
前のエイドで水を飲み過ぎたのか、
お腹が張っていてちょっと苦しかったのが、
スッと楽になったのを覚えています。



そしてリスタート後、
身体に異変が起こります。




次回ラストまでの予定です。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:井出浩一
アレ以外もいろいろ脆い
観葉植物的な存在感の
残念なアラフォー。
趣味はジョギング、山歩き。

ブログ村
ブログ村の以下のカテゴリに
参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
走った距離記録
■2011年:1,223キロ
5月:30キロ 6月:100キロ
7月:140キロ 8月:207キロ
9月:200キロ 10月:168キロ
11月:215キロ 12月:163キロ

■2012年:1,894キロ
1月:194キロ 2月:235キロ
3月:129キロ 4月:237キロ
5月: 90キロ 6月:170キロ
7月:113キロ 8月:161キロ
9月:125キロ 10月:200キロ
11月:133キロ 12月:107キロ

■2013年:1,833キロ
1月: 63キロ 2月: 77キロ
3月:151キロ 4月: 74キロ
5月:180キロ 6月:173キロ
7月:171キロ 8月:312キロ
9月:143キロ 10月:116キロ
11月:200キロ 12月:173キロ

■2014年:1,441キロ
1月:106キロ 2月:110キロ
3月:150キロ 4月: 41キロ
5月: 86キロ 6月:117キロ
7月: 87キロ 8月:143キロ
9月:126キロ 10月:130キロ
11月:200キロ 12月:145キロ

■2015年:1,560キロ
1月:204キロ 2月:206キロ
3月:200キロ 4月:108キロ
5月:120キロ 6月: 20キロ
7月:137キロ 8月:161キロ
9月:174キロ 10月:108キロ
11月:122キロ 12月:キロ
リンク
アクセスカウンター


参加ラン大会結果
【2011年】
○あざいお市マラソン
2011/10/09 10km
記録:48分台
メモ:初めてのランニング大会
レポ:その1その2

○大阪淀川市民マラソン
2011/11/06 ハーフ
記録:1時間48分台
メモ:初めてのハーフマラソン
レポ:その1その2

○いびがわマラソン
2011/11/13 ハーフ
記録:1時間55分台(グロス)
メモ:2週間続けてのハーフマラソン
レポ:その1


【2012年】
○いかるがの里法隆寺マラソン
2012/02/11 ハーフ
記録:1時間42分台(ネット)
メモ:ハーフベスト

○京滋トレイルラン
2012/03/18 約20km
記録:4時間15分くらい(グロス)
メモ:初のトレラン大会

○剣豪と忍者の里マラニック
2012/04/29 約53km
記録:7時間30分くらい
メモ:初の井上ワールド

○敵は本能寺にありマラニック
2012/06/03 40km弱
記録:5時間30分くらい
メモ:2度目の井上ワールド

○かっとび伊吹
2012/08/26 10km
記録:2時間11分くらい
メモ:足攣りまくって悶絶
レポ:その1

○丹後100kmウルトラマラソン
2012/09/16 100km
記録:第2関門(約56km)でタイムオーバー
メモ:完敗
レポ:その1その2その3

○あざいお市マラソン
2012/10/07 10km
記録:49分台
メモ:1年前より遅い

○大阪淀川市民マラソン
2012/11/04 10km
記録:50分台
メモ:友人と参加。後半は全力で。

○いびがわマラソン
2012/11/11 フル
記録:3時間59分台(グロス)
メモ:初フル
レポ:その1その2その3

○神戸マラソン
2012/11/25 フル
記録:3時間59分台
メモ:脚攣って終盤歩きまくり

○東山三十六峰マウンテンマラソン
2012/12/09 30km
記録:3時間41分台
メモ:初めてトレイルで足攣らなかった


【2013年】
○いかるがの里法隆寺マラソン
2013/02/11 ハーフ
記録:DNS
メモ:故障、インフルエンザ明けの為

○篠山ABCマラソン
2013/03/03 フル
記録:5時間2分台
メモ:初めての仮装ラン

○武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン
2013/05/03 70km
記録:8時間22分台
メモ:最後は吐きそうだった

○伊賀忍者武術大会マラニック
2013/06/30 約43km
記録:ショートカットしてなんとかゴールまで
メモ:胸の痛みに突然の下痢に…

○かっとび伊吹
2013/08/26 10km
記録:暴風雨にて中止
メモ:でもみんなで集まって楽しく過ごせた

○丹後100kmウルトラマラソン
2013/09/15 100km
記録:13時間23分台
メモ:暴風雨の中たーはるパパさんと完走

○くすのき駅伝
2013/09/30 3km
記録:15分くらい
メモ:最初の1kmで飛ばし過ぎて撃沈

○あざいお市マラソン
2013/10/13 10km
記録:48分台
メモ:かろうじて10km自己ベスト更新

○いびがわマラソン
2013/11/10 フル
記録:5時間15分台
メモ:雨の中仮装して自己ワースト。でもとても楽しかった。

○奈良マラソン
2013/12/08 フル
記録:4時間38分台
メモ:初めてワラーチでの大会参加。ちょっとトラブルあったけど無事完走


【2014年】
○信太山クロスカントリー
2014/01/12 10km
記録:52分台
メモ:思いのほかきつかった

○京都マラソン
2014/02/16 フル
記録:4時間31分台
メモ:無謀なツッコミで撃沈
レポ:その1その2

○篠山ABCマラソン
2014/03/2 フル
記録:4時間37分台
メモ:下痢明けでなんとか無事完走
レポ:その1その2その3その4

○ユリカモメウルトラ70kmマラソン
2014/05/03 70km
記録:43km地点でリタイア
メモ:胸が締め付けられるような症状
レポ:その1その2

○SUMMER NIGHT RUN NAGOYA
2014/08/02~03 12時間リレー
記録:24km走った
メモ:初めてのリレーマラソン
レポ:その1その2その3

○かっとび伊吹
2014/08/31 10km
記録:2時間16分くらい
メモ:2年前よりだいぶ衰えを感じた
レポ:その1

○丹後100kmウルトラマラソン
2014/09/14 100km
記録:84.5km地点でリタイア
メモ:悔しいけど収穫あり
レポ:その1その2その3その4その5その6その7ラスト

○あざいお市マラソン
2014/10/12 10km
記録:47分台
メモ:お面つけてたのに10km自己ベスト
レポ:その1その2

○大阪マラソン
2014/10/26 フル
記録:5時間2分台
メモ:着ぐるみを着て丹後より暑かった
レポ:その1その2その3その4

○いびがわマラソン
2014/11/09 フル
記録:4時間44分台
メモ:初フル以来久しぶりに歩かず完走
レポ:その1その2その3

○奈良マラソン
2014/12/14 フル
記録:4時間14分台
メモ:カンガルーベスト
レポ:その1その2その3


【2015年】
○みのかも日本昭和村
2015/01/11 ハーフ
記録:1時間48分台
メモ:初めての表彰台
レポ:その1その2その3

○木津川マラソン
2015/02/01 フル
記録:3時間55分台(グロス)
メモ:自己ベストだけどネットタイム不明
レポ:その1その2その3その4

○篠山ABCマラソン
2015/03/01 フル
記録:3時間42分台
メモ:お面つけたまま自己ベスト
レポ:その1その2その3

○大阪城リレーマラソン
2015/03/21 リレマラ
記録:4周させてもらいました
メモ:下駄で走ってみたり

○剣豪と忍者の里マラニック
2015/04/26 約47km
記録:6時間50分くらいで完走
メモ:前回参加時からコースが変わってた
レポ:その1その2その3

○伊賀忍者武術大会練習会
2015/07/05 約30km
記録:5時間くらいで完走
メモ:吹き矢吹いたり手裏剣投げたり

○かっとび伊吹
2015/08/30 約10km
記録:2時間8分くらいで完走
メモ:足攣って、レース後、下痢
レポ:その1その2その3

○丹後100kmウルトラマラソン
2015/09/20 100km
記録:13時間38分台
メモ:昨年のリベンジ達成
レポ:その1その2その3その4その5その6その7ラスト

○あざいお市マラソン
2015/10/11 10km
記録:1時間8分台
メモ:一本歯下駄で完走。超楽しかった
レポ:その1その2

○鈴鹿山麓かもしかハーフ
2015/10/18 ハーフ
記録:1時間58分台
メモ:中盤で力使い果たした
レポ:その1

○いびがわマラソン
2015/11/08 フル
記録:4時間14分台
メモ:サブ4狙いで終盤撃沈
レポ:その1その2その3ラスト


記録は基本的ネットタイムです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。