トラブル発生後 ~2012 灼熱の丹後を振り返る ラスト~


bana140611.gif
よろしくお願いいたします



さっそく前回の続きです。



一気に大量の水を飲んだことで身体の内部から冷やし、
加えて外部からもかぶり水を繰り返したせいで、
お腹を冷やしすぎたらしい。



全身暑いのに、おなかだけキンキンに冷えている。
そんな感覚でした。
まだ痛みはないものの、
放っておけば腹痛に変わりそうな、そんな予兆。
シャツの中に手を差し込むと
すごく冷たく感じる。



それがどんどんしめつけるようになって、
大きく意識するようになっていった。


そんなとき、35キロ手前のエイドで
自販機でお茶を購入されていたたーはるパパさんと遭遇。


少し歩きながら会話。
まだまだ序盤と言うのに
お腹の冷えの不安から、
ちょっと弱音をはいてしまった。

とはいえ、まだ脚は動くので、
お茶を飲んでいらっしゃったパパさんに別れを告げて
また走り出した。



ここから、出だしで通った七竜峠の復路にはいる。
この段階では、時間的に心配するようなことはなく、
脚にも不安はない。
冷えから、徐々に締め付けられるようになってきた
お腹だけが不安だった。



ゆるりんさんに、
カイロを持っていると役立つときがあると
アドバイスをいただいていたんですが、
ホントにカイロが欲しいと思った。


・・・さすがに今は
灼熱の丹後でカイロはいらないと思いますが・・・。
ゆるりんさんも雨が降って寒くなったとき用として
おすすめされていただけですし。

とにかく、冷たい水をガブ飲みしたのが
いけなかったんだと思います。



トップランナーは知りませんが、
完走を目指すレベルのランナーは
ボトルを携帯して、
少しずつ給水することが必要だと思います。


エイドに着くたび楽しみにしようと思っていた水かぶりも、
35キロ地点のエイドでは、
お腹に水をかけてさらに冷やすとまずいので、
ネックカバーを濡らしてもらうだけにした。


NIが効いているのか、
脚のほうにはまだ余裕があり、
フルマラソンなら問題なく走っていたと思います。
が、先はまだ長い、と、
登りはとにかく歩くようにしました。


時刻も9時をすぎ、
気温はかなり上がってきているのですが、
お腹の冷えは治まらず、
締め付けはきつくなっていった。


苦しい状態が続く中、
七竜峠を登りきりエイドに到着。


時刻は9時半すぎだったでしょうか。
第二関門までは約3時間を残し、
距離は15キロほど、うち5キロはくだり。


この数字だけみているとまだゆとりはありますが、
心配なのは、このお腹で下りが走れるのかということ。
その年の春に参加した剣豪と忍者の里マラニックで、
同じくお腹をやってしまい、
平坦なところは走れても、下りは振動が大きくて
痛みが激しくなって走れないといったことがあったので・・・。


ただ、逆に期待していたこともあって、
30キロのエイドでトイレで用を足すことで、
お腹がスッと楽になったこと。
今回もそれを期待してトイレへ入ったのです。


往路でもこのトイレを利用して、
そのときは8分も待つはめになったのですが、
このときは空いていて、待つことなく入ることができた。


が、30キロ地点のように、
十分な量がでるわけでもなく、
一度しぼった雑巾をしぼりなおすかのごとく、
申し訳程度にでたそのおしっこは・・・



生まれて初めての血尿。



・・・・



ランニングによって
血尿がでることがあるということは知識として持っており、
特に心配するものではないと頭では理解していましたが、
※心配しなければいけない場合もあるので、
 こんな素人判断ではいけないと今は思いますけど。
初めての100キロ挑戦、
10キロに渡りお腹を締め付けられることによる不安から、
やはり気持ちが乱れた。

そして、そのわずかな排泄で
お腹が楽になることもなかった。



時間的には問題ないし、
血尿がでたからといって、
リタイアしようなんてことはまだ頭にはなかった。
先行き不安ではありましたが。


ここで2本目のNIを摂取。
水かぶりポリバケツではおっちゃんがかけてくれようとしたけど、
またネックカバーにだけ水をかけてもらう。
ホントは頭にかけてほしかったし、
おっちゃんも気持ちいいよ!って声かけてくれたけど、
またお腹冷やすといけないので・・・。


しばらく休憩して、七竜峠の下りに入る。


走り始めてしばらくは走ったものの、
やはりお腹が痛む。
ペースを抑え気味でここまできたからか、
NIのおかげか、
脚にはまだ余裕があるのに
お腹が痛くて走れない。



ゆるりんさんや、san-anさんから、
走りだしで苦しくても、
楽になるときがくるという言葉をもらっていて、
それを心の中で唱えて、苦しくてもがんばるつもりでした。
でも僕は弱かった。お腹の痛みに勝てなかった。
走り出しても、継続できなかった。


結局その下り、ずっと歩き倒し、
七竜峠を下りきると視界が開けた感じ。


14090802.jpg


ファイテン元気ステーション(マッサージしてもらえる)のある
大きなエイド(44.6km地点、浅茂川漁港)にたどり着いた。



第二関門まで11.4キロ。
関門閉鎖までは残り1時間45分ほどとなっていた。



レース前は
時間的にギリギリになるだろうし、
混んでいるだろうし・・・
と思っていたので
マッサージしてもらうつもりはなかったのですが、
座席は埋まっているものの、
他に並んでいる人もなく、
お腹の調子がよくないので、多少休憩がいる、と
マッサージしてもらうことにしました。


待つ、というほど待たなくてもすぐに席があいて、
成長したらイケメンになるだろうなぁと思う、
男の子にマッサージしてもらいました。


あれ、ずっと休憩なしで
マッサージし続けてくれているんでしょうか。
走るより苦痛な気もないでもないですが・・・。


ひと時ゆったりさせていただきました。
マッサージ中におっちゃんが
首の後ろに氷嚢あててくれて、
それがすごく気持ちよかった・・。


お腹が痛いので少し迷ったんですけど、
楽しみにしていたうどんを無視することができず、
一杯いただいて、空いていた椅子に座らせてもらいました。


食べながら、隣に座っていた
おにぃさん(おっちゃん?)ランナーに話しかけ、
すごく楽しい時間を過ごさせていただいた。
そのおっちゃんは
暑さで朦朧としてきてるから
しばらくここで腹ごしらえして、
そのままリタイアするとか言ってたけど。


この段階で第二関門まで1時間半、11キロ。
お腹に不安はあったけど、
脚はまだ元気な状態で、あきらめてなかった。
第二関門はまだまだ通過する気でいたんです。
そのおっちゃんには
碇高原であがいてきます、と言ってお別れした。


ここから先はしばらく平地なので、
振動が少なくなって、
ゆっくりなら走れるんじゃないか?
という思いがあったんです。


でも走り始めて・・・
うどんがいけなかったのか、
どちらにしてもだめだったのか、
お腹の痛みは変わっていなかった。



炎天下の中、ちょっと走っては歩くを繰り返す。
迫る制限時間。
気持ちも脚も前に行きたがっているんですけど
ずっとお腹が痛み続けているんです。




そんな中でロキソニンのことを思い出して、
ロキソニンのことをよく理解していなかった僕は
腹痛にも効くんじゃ・・・?なんて思い始めますが、
痛みの種類が違うので、やっぱり効かないだろうと
思い直して飲むのをやめた。
※実際、効かないのでこの判断は正解。
 逆に胃を痛めつける可能性があったらしい。




そして浅茂川漁港を出て30分後には
完全に気持ちが切れて
リタイアを決意していました。
レース前は、時間切れはともかく、
自分からレースを降りることはしない!
・・・と思っていたんですけど、
なんとも気持ちの弱いことか。

スタートを見送ってくれた後、
一旦自宅に帰っていた嫁さんに電話。
第二関門でリタイアすることを伝えます。



そしてこの時にスマホをみて、
何人かのブロガーランナーさんに
応援メールをいただいていることに気付いて、
とても申し訳ない気持ちに・・・。



・・・・



そこからの約10キロはただ苦しいだけでした。



日光降り注ぐ炎天下の中、
レースを諦めた惨めなおっさんがただただ歩く。


「でも、なんとか第二関門だけはクリアする。
 それだけが最後の意地」


なんてかっこつけてブログに書こうかな、
なんて考えながら歩き、走ったりしていた。
今思うとみっともないだけですけど。



で、その最後の意地すらだすことができず、
7時間45分の制限時間をオーバーした。



この日のためにアンビット
(15時間計測してくれるGPSウォッチ)買ったのに
必要なかったじゃん。


とか思った。



いつもはうれしいはずの応援してくださる言葉も、
最後の30分は逆に痛い。

特に制限時間を過ぎてからの20分はどうしようもない。
このころには60キロの部の参加者も混じってきて、
コース的にも住宅があって、応援も多いところでした。


でも、制限時間を越えてしまった100キロの参加者は
がんばっても先がないんです。


応援をいただくのが辛いなんて経験は初めてでした。



制限時間を20分くらいすぎたころ、
第二関門である弥栄庁舎に到着。
その手前で応援にきてくださっていた
はるみさんに会うことができた。


本来ならここで私も元気をいただいて
後半戦に向かうところ。
ところがすでに制限時間切れという・・・。
なんとも申し訳ない結果でした。

でも約半年ぶりにお会いできて、
お話できてうれしかったです。



弥栄庁舎に到着。
スタッフの方に促されて、
ゼッケンとチップをはずす。
約20キロ腹の痛みを抱えながら歩き続けた私は
応援に応えられない申し訳なさはありましたが、
レースを途中で終える悔しさは感じていなかった。



体育館のようなところで
預けてあった着替えを受け取って、
本当は後半戦に着るはずの戦闘服に着替えた。
そのときにデオドラントシートを用意しておいたんですけど、
小さすぎて身体を拭くには物足りなかった。
来年はもっと大きなサイズのものを用意しておこうと思った。
・・・けど今年(2014年)は着替えから要らないと思ってます。
何があるかわからないから、
入れるだけ入れといてもいいかなとも思いますが。



13時15分発のバスに乗って、
スタート&ゴール会場に送ってもらう。
隣りに座ったおにいさんに話しかけてみた。
吹田からお仲間さんと9人で参加しにきたとのことで、
夜は宴会だとおっしゃっていた。
私も来年は泊りにしようかな・・・と思った。
でも、完走できなかったら辛いかな・・・とも。



バスはマラソンコースを逆走した部分もあったのですが、
まだがんばっている100キロのランナーもみかけた。
すでに制限時間を1時間以上オーバーして、
もし弥栄庁舎までがんばるなら、
さらに1時間近く歩く必要があるようなところで。

声は届かないけど、
バスの中から何度かがんばれって言っておいた。



ここから先、しばらくあまり記憶が残ってない。
どこでバスを降りたとか。



だけど、ゴール会場について、
次々と一人一人名前を呼ばれながら
ゴールしているランナーを見て、
猛烈に悔しさ、いや、寂しさが襲ってきたことは
はっきりと覚えています。

嫁さんを待ちながら、
いただいた応援メールに返信しなきゃ、と思いながらも、
ふがいない結果から、情けなさ、恥ずかしさがあって、
すぐ返信する気になれなかったことも。



マラソンって、
もちろん普段のトレーニングが必要なのですが、
気持ちの部分がすごく影響するなって、
改めて思いました。

35キロ以降、お腹の痛みからほとんど走っていないのですが、
51キロ付近のあじわいの郷では
人が多くて声援が多いせいか、
ちょっと走れちゃったりしました。
もちろん、お腹は痛いままでしたが・・・。

あれだけお腹痛かったはずなのですが、
レースを降りた直後から、
お腹の苦しさはそれほどではなくなってしまった。
ただ単に、心の弱さから、自分から痛みを意識して、
レースを降りる言い訳を作っていたかのように。

とにかく準備不足でした。
気持ちを支えるだけの練習もしてこなかったので、
一旦腹痛抱えて弱気になったら、
もうあとは崩れるだけでした。

50キロを過ぎてからは急に脚も動かなくなり、
結局お腹のトラブルがなくても
完走できなかったと思います。




次回参加するときは、
自信をもって参加できるよう準備して挑みたいと思います。


・・・・


そんな思いがあって、
翌、2013年は初めて自分でも
がんばったと言えるくらい
練習して丹後を迎えた。


今年は・・・。


最近はいろいろあって、
よく実家に戻っているんですけど、
土曜の晩は気温が低くて、本当に気持ちよく走れた。
来週もこんな天気ならいいな、と思っていたら、
日曜はものすごく暑く感じた。
京都に戻って自宅近所の掲示板をみると34℃とかでてるし。


来週は30℃未満でお願いしたいです。



ご一緒する皆様、夏の最後のお祭りを楽しみましょう。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2012年の丹後は大変でしたね(>_<)
2013年で見事リベンジされてよかった☆
今年は天気予報は今のところいい感じ?
初参戦なのでイロイロ教えて下さいませ♪

No title

>ゆるりんさん
おぉぉ~、丹後レポ通じて
初めてコメントいただけました。
うれしいです(笑)
わりと天気いい感じっぽいですよね。
それでも日が出たら暑いんでしょうけれど。
ゆるりんさんのお力なら、
きっと最初から最後まで
いつもの素敵なスマイルで
駆け抜けはると思います!

初めまして

明後日の丹後で100キロ初挑戦する者です。私は、胃腸が強くなく、この夏のトレーニング中も、同じような状態になりましたので、お腹痛くなった時の弱気な感じも、よく分かりました。今年の丹後は、それほどの暑さではないですけど、腹痛には注意して頑張りましょう!

No title

>らぴゅたびとさん
はじめまして!
去年は腹痛を恐れて
そんなに食べないでいたら
逆に碇高原あたりで
空腹でしばらくおかしくなりました。
長い100km、まったりがんばりましょうね!
プロフィール

井出浩一

Author:井出浩一
アレ以外もいろいろ脆い
観葉植物的な存在感の
残念なアラフォー。
趣味はジョギング、山歩き。

ブログ村
ブログ村の以下のカテゴリに
参加しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
走った距離記録
■2011年:1,223キロ
5月:30キロ 6月:100キロ
7月:140キロ 8月:207キロ
9月:200キロ 10月:168キロ
11月:215キロ 12月:163キロ

■2012年:1,894キロ
1月:194キロ 2月:235キロ
3月:129キロ 4月:237キロ
5月: 90キロ 6月:170キロ
7月:113キロ 8月:161キロ
9月:125キロ 10月:200キロ
11月:133キロ 12月:107キロ

■2013年:1,833キロ
1月: 63キロ 2月: 77キロ
3月:151キロ 4月: 74キロ
5月:180キロ 6月:173キロ
7月:171キロ 8月:312キロ
9月:143キロ 10月:116キロ
11月:200キロ 12月:173キロ

■2014年:1,441キロ
1月:106キロ 2月:110キロ
3月:150キロ 4月: 41キロ
5月: 86キロ 6月:117キロ
7月: 87キロ 8月:143キロ
9月:126キロ 10月:130キロ
11月:200キロ 12月:145キロ

■2015年:1,560キロ
1月:204キロ 2月:206キロ
3月:200キロ 4月:108キロ
5月:120キロ 6月: 20キロ
7月:137キロ 8月:161キロ
9月:174キロ 10月:108キロ
11月:122キロ 12月:キロ
リンク
アクセスカウンター


参加ラン大会結果
【2011年】
○あざいお市マラソン
2011/10/09 10km
記録:48分台
メモ:初めてのランニング大会
レポ:その1その2

○大阪淀川市民マラソン
2011/11/06 ハーフ
記録:1時間48分台
メモ:初めてのハーフマラソン
レポ:その1その2

○いびがわマラソン
2011/11/13 ハーフ
記録:1時間55分台(グロス)
メモ:2週間続けてのハーフマラソン
レポ:その1


【2012年】
○いかるがの里法隆寺マラソン
2012/02/11 ハーフ
記録:1時間42分台(ネット)
メモ:ハーフベスト

○京滋トレイルラン
2012/03/18 約20km
記録:4時間15分くらい(グロス)
メモ:初のトレラン大会

○剣豪と忍者の里マラニック
2012/04/29 約53km
記録:7時間30分くらい
メモ:初の井上ワールド

○敵は本能寺にありマラニック
2012/06/03 40km弱
記録:5時間30分くらい
メモ:2度目の井上ワールド

○かっとび伊吹
2012/08/26 10km
記録:2時間11分くらい
メモ:足攣りまくって悶絶
レポ:その1

○丹後100kmウルトラマラソン
2012/09/16 100km
記録:第2関門(約56km)でタイムオーバー
メモ:完敗
レポ:その1その2その3

○あざいお市マラソン
2012/10/07 10km
記録:49分台
メモ:1年前より遅い

○大阪淀川市民マラソン
2012/11/04 10km
記録:50分台
メモ:友人と参加。後半は全力で。

○いびがわマラソン
2012/11/11 フル
記録:3時間59分台(グロス)
メモ:初フル
レポ:その1その2その3

○神戸マラソン
2012/11/25 フル
記録:3時間59分台
メモ:脚攣って終盤歩きまくり

○東山三十六峰マウンテンマラソン
2012/12/09 30km
記録:3時間41分台
メモ:初めてトレイルで足攣らなかった


【2013年】
○いかるがの里法隆寺マラソン
2013/02/11 ハーフ
記録:DNS
メモ:故障、インフルエンザ明けの為

○篠山ABCマラソン
2013/03/03 フル
記録:5時間2分台
メモ:初めての仮装ラン

○武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン
2013/05/03 70km
記録:8時間22分台
メモ:最後は吐きそうだった

○伊賀忍者武術大会マラニック
2013/06/30 約43km
記録:ショートカットしてなんとかゴールまで
メモ:胸の痛みに突然の下痢に…

○かっとび伊吹
2013/08/26 10km
記録:暴風雨にて中止
メモ:でもみんなで集まって楽しく過ごせた

○丹後100kmウルトラマラソン
2013/09/15 100km
記録:13時間23分台
メモ:暴風雨の中たーはるパパさんと完走

○くすのき駅伝
2013/09/30 3km
記録:15分くらい
メモ:最初の1kmで飛ばし過ぎて撃沈

○あざいお市マラソン
2013/10/13 10km
記録:48分台
メモ:かろうじて10km自己ベスト更新

○いびがわマラソン
2013/11/10 フル
記録:5時間15分台
メモ:雨の中仮装して自己ワースト。でもとても楽しかった。

○奈良マラソン
2013/12/08 フル
記録:4時間38分台
メモ:初めてワラーチでの大会参加。ちょっとトラブルあったけど無事完走


【2014年】
○信太山クロスカントリー
2014/01/12 10km
記録:52分台
メモ:思いのほかきつかった

○京都マラソン
2014/02/16 フル
記録:4時間31分台
メモ:無謀なツッコミで撃沈
レポ:その1その2

○篠山ABCマラソン
2014/03/2 フル
記録:4時間37分台
メモ:下痢明けでなんとか無事完走
レポ:その1その2その3その4

○ユリカモメウルトラ70kmマラソン
2014/05/03 70km
記録:43km地点でリタイア
メモ:胸が締め付けられるような症状
レポ:その1その2

○SUMMER NIGHT RUN NAGOYA
2014/08/02~03 12時間リレー
記録:24km走った
メモ:初めてのリレーマラソン
レポ:その1その2その3

○かっとび伊吹
2014/08/31 10km
記録:2時間16分くらい
メモ:2年前よりだいぶ衰えを感じた
レポ:その1

○丹後100kmウルトラマラソン
2014/09/14 100km
記録:84.5km地点でリタイア
メモ:悔しいけど収穫あり
レポ:その1その2その3その4その5その6その7ラスト

○あざいお市マラソン
2014/10/12 10km
記録:47分台
メモ:お面つけてたのに10km自己ベスト
レポ:その1その2

○大阪マラソン
2014/10/26 フル
記録:5時間2分台
メモ:着ぐるみを着て丹後より暑かった
レポ:その1その2その3その4

○いびがわマラソン
2014/11/09 フル
記録:4時間44分台
メモ:初フル以来久しぶりに歩かず完走
レポ:その1その2その3

○奈良マラソン
2014/12/14 フル
記録:4時間14分台
メモ:カンガルーベスト
レポ:その1その2その3


【2015年】
○みのかも日本昭和村
2015/01/11 ハーフ
記録:1時間48分台
メモ:初めての表彰台
レポ:その1その2その3

○木津川マラソン
2015/02/01 フル
記録:3時間55分台(グロス)
メモ:自己ベストだけどネットタイム不明
レポ:その1その2その3その4

○篠山ABCマラソン
2015/03/01 フル
記録:3時間42分台
メモ:お面つけたまま自己ベスト
レポ:その1その2その3

○大阪城リレーマラソン
2015/03/21 リレマラ
記録:4周させてもらいました
メモ:下駄で走ってみたり

○剣豪と忍者の里マラニック
2015/04/26 約47km
記録:6時間50分くらいで完走
メモ:前回参加時からコースが変わってた
レポ:その1その2その3

○伊賀忍者武術大会練習会
2015/07/05 約30km
記録:5時間くらいで完走
メモ:吹き矢吹いたり手裏剣投げたり

○かっとび伊吹
2015/08/30 約10km
記録:2時間8分くらいで完走
メモ:足攣って、レース後、下痢
レポ:その1その2その3

○丹後100kmウルトラマラソン
2015/09/20 100km
記録:13時間38分台
メモ:昨年のリベンジ達成
レポ:その1その2その3その4その5その6その7ラスト

○あざいお市マラソン
2015/10/11 10km
記録:1時間8分台
メモ:一本歯下駄で完走。超楽しかった
レポ:その1その2

○鈴鹿山麓かもしかハーフ
2015/10/18 ハーフ
記録:1時間58分台
メモ:中盤で力使い果たした
レポ:その1

○いびがわマラソン
2015/11/08 フル
記録:4時間14分台
メモ:サブ4狙いで終盤撃沈
レポ:その1その2その3ラスト


記録は基本的ネットタイムです